Works実例紹介

アイランドカウンターを採用したダイニング・キッチンは、母娘のお気に入りの場所。窓からは、隣接する公園の四季の彩りが楽しめる
自然な色むらや木目が目にやさしく、しっとりとした感触が足裏に心地よいチークのフローリング。壁の収納、棚もユーズド感のある素材を選んで造作した
キッチンの壁と床はタイル張りで、収納の面材はマットな質感で仕上げた。奥には、ユーティリティとの動線を閉じて新たに設けた家事室がある
既存の和室にあった掃出し窓から入る外光で、空間がより明るく広々とした印象に。ダイニングとリビングには床暖房が設置され、冬も足元が暖か
キッチンからリビングを見る。キッチンに立っても、窓の景色や室内を見渡せるので、ゆったりとした気持ちで家事が楽しめる
キッチンからの動線が閉じられたユーティリティには、新たに物干しとカウンターを設置。洗面台は既存のもの
Before
Before
Before
Before
リフォーム[マンション]M様邸
札幌市・夫婦、子ども1人 築14年

マンションリノベで手に入れた
Uターンでの理想の暮らし

きっかけ・プランの特徴

住み心地を追求したプランで、 お気に入りの空間に大変身!!

長年、東京住まいだったMさん一家ですが、奥様の故郷である札幌への転居が決まりました。奥様が実家の近隣を探したところ、唯一見つかったのが築14年の3LDKのマンション。リノベーションにあたっての主な要望は「家の中が暖かいこと」、「LDKを一体化させたオープンなくつろぎ空間にすること」、「無垢材など自然素材と白を基調にした住まいに一新すること」でした。

そこで、独立型キッチンをリビング・ダイニング側に移設。隣接する和室も取り込んで、オープンキッチンのある広々としたLDKをプランニングしました。床は、防音材が付いたチーク突板の幅広フローリングに。白い壁に木の質感が映える、希望どおりのシンプルでナチュラルなくつろぎ空間が完成しました。

暖かさを実現するために、既存のTESファンコンベクターを、温水床暖房とパネルヒーターに交換し、全室の内窓を高断熱のプラストサッシに取り替えました。また、子ども室と主寝室も内装を一新。浴室と洗面台以外のすべてに手を入れるリノベーションとなりました。

「収納が動線のちょうど良い場所に設けられていて、家事効率がスムーズです。床面積は同じなのに、リノベ前より広くなった気がします。居心地がよくて、家で過ごす時間が長くなりました」と笑顔の奥様。中古マンションリノベという選択で、Uターンした地元での理想の暮らしを楽しんでいらっしゃいます。