Works実例紹介

もともと2箇所あったキッチンは1階の1箇所のみに変更。窓側には洗濯コーナーがあり、その手前には食品庫も
家族がくつろぐ1階リビング。ゆるやかにつながりそれぞれが心地よく過ごせる
樹木が好きな奥様が「庭に生える色を」と希望された白い外観
来客用と家族用がツーウェイになっている玄関
対面キッチンて?家族のコミュニケーションも自然に取りやすい
対面キッチンて?家族のコミュニケーションも自然に取りやすい
食品庫と洗濯スペース
抜けない柱を活用してキッチン横には飾り棚を設け、奥のリビングにはTV背面に壁を造作。テレビを観る視線を遮ることなく2階から浴室への移動が可能という機能的なつくり
様々な用途に使える土間
お父さまの部屋から玄関ホールを挟んた?向かいに1階トイレを配置
階段横に容量たっぷりの収納
2階リビングは色数をおさえて洗練されたイメージ
2階リビングにも抜けない柱を利用した壁を造作。色を組み合わせたルーバーが映える
ウォークインクローゼットを備えたご夫婦の寝室
インテリアも白で統一をした上のお嬢さんの部屋
上品なピンクの壁紙で柔らかい印象になった下のお嬢さんの部屋
2階トイレの壁はツートンに
トイレ白い壁紙には葉っは?の模様か?レリーフ調にあしらわれている
リフォーム [一戸建て] I様邸
札幌市 夫婦・子ども2人・父 築21年

3世代が幸せに暮らす家へライフスタイル変化のためのリフォーム

きっかけ・プランの特徴

21年前にご夫婦が奥様のご両親と住まわれる2世帯住宅として新築した住宅。21年間の間に家族構成も暮らしも変化し、とても住みづらい状態になってしまっていました。経年による劣化も随所に出てきたため、住宅ローンの返済を待って家族が安心して快適に暮らせるリフォームを決意されました。

いちばんのご希望は、自然な形で家族5人が互いの気配を感じ、コミュニケーションを取りやすい間取りに変えることでした。1階と2階に完全に分かれていた世帯を、キッチンをひとつにしリビング・ダイニングを広い共有部分にするなどして大きな1世帯のかたちに。お父さまの部屋はリビングに出やすくトイレにも近い配置にするなどの配慮がなされています。

家事や暮らしの動線も大きなポイント。ウッドデッキに面しランドリースペースにも隣接した土間は、洗濯物干しや趣味のスキー道具の手入れ、庭仕事の準備など様々に使えるスペースとなっています。

家族がそろってこ?飯を食へ?る平日の夜は、料理好きなお父さまか?手料理を振る舞うことも珍しくありません。新しいガスコンロはセンサー付きで安心。ご飯のあともリビングで一緒にテレビを観たり話したり、それぞれの部屋でくつろいだりと自由な時間を過ごすことができるそう。

共用する部分は共用して家族のコミュニケーションが取れるような間取りにしつつ、ゆるやかにつながることでプライバシーも保つプランで、ご家族5人が我慢をせず心地よく暮らせる家となりました。