Works実例紹介

周囲の田園風景に溶け込むようなシックな外観。片流れの屋根には雪止めを設置し、落雪による除雪の手間を軽減
玄関ホールでは、間接照明にやさしく照らされた奥さまのコレクションが訪れる人を出迎える。床には、メンテナンスフリーのカラーフロアを採用
暮らしの中心となるLDKは、間仕切りのない開放的なつくり。現しにした構造梁の力強いラインがのびやかな空間のアクセントに
延床約31坪の平屋住宅は、動線もコンパクトで暮らしやすい。キッチンやダイニングからも、窓越しに庭が眺められる
キッチンのある北側、天井下には室内にやわらかな光を落とす採光窓を設けた。最大約4.3mの天井高は、開放感と暖房効率を両立させるぎりぎりの高さにこだわって導き出した
小上がりスタイルの和室は予備室を兼ねる。リビングと違和感なくつながるよう、琉球畳を用いてギャラリー風のしつらいに
タンクレスの便器を採用したトイレには、造作で手洗いカウンターを設けた。卵色の壁紙と採光窓で明るい雰囲気に仕上がっている
新築[一戸建て]U様邸
寿都町・夫婦

暖かくて暮らしやすい
田園風景の中に立つ平屋

きっかけ・プランの特徴

漁師への転身を機に2度目の家づくり
依頼先探しは、住宅性能を重視

ご夫妻は、稚内で子育てをしながら共働き生活を送っていました。しかしお子さんの結婚、独立を機にUさんは早期退職して、子どもの頃から憧れていた漁師に転職し、寿都町で新たな人生をスタートすることに。

移住にあたって、稚内で所有していた戸建てを売却し、寿都町で宅地を購入します。2度目の新築でご夫妻がこだわったのは、省エネを実現する高い住宅性能。稚内の家は海を見下ろす高台にあって、大開口からの眺望は素晴らしいものの、冬の光熱費が大きな負担でした。その経験から、今回は何より省エネ性を重視。インターネットで住宅性能をキーワードに依頼先を検索して弊社のことを知り、ご相談いただきました。やがて、札幌と寿都を行き来しながらの家づくりが始まりました。

家に居ながら外の自然を満喫
暖房費は旧宅の半分ほどに

ご夫妻が購入された土地は、内陸にある200坪の農家跡地。先住者が育てた果樹や庭木が茂り、緑の向こうに山並みが見える風光明媚な宅地です。暖房効率の良い省エネ仕様と、二人暮らしに最低限必要な空間を備えた平屋というご夫妻の希望をベースに、プランニングを進めていきました。

恵まれた立地を生かし、四季の景色や自然の光の移ろいを存分に楽しめるように窓を配置し、高断熱・高気密のトリプルガラス入りのサッシの採用をご提案。さらに基礎に75㎜、壁に135㎜、屋根には300㎜と、家全体を断熱材で包み込み、性能に優れたダクトレスの第1種換気システムを採用しました。これにより、次世代省エネ基準をクリアする住宅性能を実現しています。

屋根なり天井と大開口を採用したLDKは、窓越しに庭や山並みが美しく切りとられ、開放的なくつろぎ空間に。白とこげ茶を基調にしたシンプルな空間には、観葉植物や奥さまのコレクション、愛用の家具がバランスよくレイアウトされ、雰囲気はまるでアジアのリゾートホテルのようです。

新居で過ごした初めての冬、ご夫妻は大きな窓越しに眺める一面の雪景色と室内の暖かさに感動されたそう。新居の暖房・給湯には、奥さまの希望で使い慣れた灯油セントラルを採用。懸案だったランニングコストも、稚内の住まいの約半分に減らせて、改めて住宅性能の大切さを実感されたといいます。「遠い札幌から何度も足を運んでは、丁寧な打ち合わせを重ねていただいたお陰で、デザインも性能も、何一つ不満のない終の棲家ができあがりました」と笑顔の奥さま。新たな人生のスタートを気持ち良く切っていただけたようです。