Works実例紹介

1階フロアを1つの大きな空間としてプランニング。家の前の通りからの目線が気になりレースのカーテンを閉じたままで薄暗かったリビングが、明るく気持ちの良い空間に
和室があった場所に、キッチンを移動させて対面式に。家事をしながら、室内や窓の外の風景を一望できる。食器類などは背面収納にまとめてすっきり
週に数回使うパン作りの道具は、ユーティリティの前面に造作した棚に収納。使用頻度に合わせた収納計画が使いやすさのポイント
木と白い内装のコントラストが心地よい、広々としたLDK空間
キッチンの脇に設けた飾り棚付きの壁は、リビングからユーティリティ方向の視線を遮る位置に設計。棚にはお気に入りの小物やインテリアグリーンを置いて楽しめる
リビングとバリアフリーでつながる寝室。可動式の棚を2台造作して、普段は棚で仕切って寝室への視線を遮りつつ、気配は伝わる間取りに
この間仕切り収納は移動させやすく、必要に応じて間取りを変更しやすいのが特徴。いずれ介護が必要になったとしても柔軟に対応できる
寝室も明るく気持ちが良い。寝室側の棚はお仏壇も入るように設計
ユーティリティには、大容量の収納を確保。浴室は、間口が大きく取れる3連引き戸を採用した。上部2ヵ所には物干しを設置。シーツなど大判の洗濯物も室内干しできる
高齢に伴う介助を想定した、広いトイレ。設備を壁際に寄せて、介助する人のスペースを確保した
断熱改修することで、玄関から暖かい住まいになった。壁には大容量の玄関収納。また必要に応じて手すりが設置できるよう、あらかじめ壁の内側に下地を施工している
白を基調した明るい外観に変身したKさんの住まい。既存に倣って玄関まわりだけ落ち着いた色の外壁材で仕上げた
リフォーム[一戸建て]K様邸
札幌市・夫婦+子ども1人 築30年

今の快適と万一への備えに
対応したシニア世代のリノベ

きっかけ・プランの特徴

離れがたいこの土地で
老後も暮らそうと決めて

働き盛りに新築したKさんの住まいは30年が経過して、外観と水まわりの傷みが目につくようになりました。「除雪の苦労がないマンションに移り住むことも考えましたが、長年親しくおつきあいしてきた方が多いので離れがたくて」と奥さま。築年数が同じくらいのご近所の経験談から、部分改修を繰り返すより、一度にフルリフォームするほうがいいと夫婦で話し合い、当社にご相談いただきました。ご夫妻は先々の暮らしも考えて、1階のバリアフリー化を要望。そこでリビングと寝室を造作の可動棚で仕切り、間取りを自由に変えられるというプランをご提案しました。

気配が伝わる安心感と
姿が見えない居心地のよさ

ご夫妻の生活スペースである1階は、LDKと寝室で構成したワンフロアの空間にリノベーション。LDKと寝室の間には造作した可動棚を2台置きました。この可動棚は間仕切りであるとともに、普段はパソコンコーナーや収納として使える機能を備えています。簡単に動かせるので、必要に応じてリビングと寝室の間口を広げたり、場所を移動させて開放的な空間に変えることもできる優れもの。

また、間仕切った状態でも天井との間が開いているので、寝室にいてもリビングやキッチンの気配が伝わります。「これなら生活の音や声が聞こえて、寝室で休んでいても安心でしょ。横になっている姿が見えないから、ご近所の方にも気兼ねなく訪ねてもらえそう」と話す奥さまは、対面キッチンもお気に入り。「思った以上に見晴らしがよく、気持ち良く家事ができる」と笑顔で話してくださいました。

使い勝手は申し分なし
明るくなって気分も上々

老後の暮らしに向けて間取りを大きく変えたKさん宅では、生活動線を遮る家具をなくすために収納計画も入念に行いました。手持ちのタンス類は寸法を測って、寝室のクローゼットにすべて収まるように設計。奥さまの趣味のパン作りの道具や入浴時のタオル・着替えなどの収納も、出し入れしやすい場所に造作しています。

また以前は道路から家の中が見えてしまうために、レースのカーテンを閉じたままだったリビングは、室内が見えにくいブロンズ色のLow-Eガラスに変更したことで薄暗さを解消。これなら気持ちも晴れやかになります。明るいリビングでご主人が読書を楽しみ、奥さまは趣味の写真をパソコンに取り込む。そんな穏やかな日常の営みが心地よいKさんの住まい。玄関や室内の壁の内側には手すり用の下地も施し、まさに「備えあれば憂いなし」の家になりました。