Blogブログ

高断熱住宅におすすめ!断熱食品庫

2019.11.27 - 分類なし

先日『暮らしESSENCE』味噌づくり講座、ご参加くださったみなさま
ありがとうございました!
SAWAI建築工房女性チームも参加させていただきました

まずは塩と糀を手でまぜます 冷凍生糀のため冷たい!

続いて大豆も手でつぶしてペースト状に ゆだたてなのであつい!

ここからは手がお味噌の材料まみれで写真は撮れませんでした 笑

作るかたによってさまざまな味噌づくり
いろんなやりかたや材料や分量で試していくのも良いですね

家に帰ってから昆布を敷きました 熟成が楽しみ!

 

発酵食品や手作り調味料に興味があるかたが増えています
皆様何かしら作ったことがあるのではないでしょうか
熟成期間は季節の温度で過ごさせるのが良いと聞きますが、
最近の新築やリノベーションした住宅では、断熱性能が上がり
1年を通して、家じゅうどこでも同じくらいの気温を保つことができるようになっています
昔の家は夏はあつく、冬は寒いところが必ずあったのですが
いまは車庫や物置が無いかぎり、冬でも暖かい場所しか無いのです

そこでおすすめなのは食品庫として、外気を取り入れられる空間を作ります
キッチンやパントリーの中に取り入れると便利ですよね
ドアは外窓用の高断熱サッシを付けています
夏は涼しい、とまではいかないかもしれませんが、季節の温度を取り入れて熟成させるものにはとても良いのではないでしょうか

もちろんリフォームリノベーションでも新たに断熱食品庫を作ることが可能ですので
ご計画の際にはぜひご相談ください

(榎又)