Blogブログ

無垢材カウンターの仕上げ作業

ご自宅でのお仕事や作業に便利なカウンター

メラミンや突板等、用途やデザインに合わせて様々な材料で作られますが

今回は無垢の集成材を使用したカウンターの仕上げ作業を少しご紹介致します

 

仕上げ作業を施していない無垢材は全体的に色が薄く、肌触りもザラザラとしており

このままでは快適に作業が出来ません

又、保護もされていないので水が染み込みやすくコップの跡等が目立ってしまいます

 

仕上げ前のカウンター

そこで木材の表面をなだらかにする磨きの作業と、木材の保護と見栄えをカッコよくする為に塗装を行っていきます

仕上げ後のカウンター

今回は着色をしていないクリアー塗装を施しました

木目がハッキリと分かる様になり、丁寧に磨きを行う事により光沢も生まれ

非常に良い肌触りです

特に磨きの作業は簡単に見えて仕上がりに直結するとても重要な工程で

少し触れただけでどれだけ丁寧に磨きを行ったかがハッキリと分かります

愛情を注いで作成したカウンターはお気に入りの作業空間になる事間違いなしです!

(水間)