Blogブログ

構造材補強!!

2017.09.15 - 分類なし

リフォームの際、間仕切り壁内部に柱があり間取りを広げられない

時には、柱を抜いて梁材を入れ補強します。

今回の補強方法は、大きい梁を入れると天井から梁下が出るのを

避ける為に用いる方法です。

 

まずは天井からはみ出さないサイズの梁をいれます。

梁を入れた後に、構造板を両サイドで挟み、更に梁を強くし2階床の

荷重を支える方法をとりました。

弊社は、色々な方法で間取りを広げて住み良い計画をたて、お客様に喜んで

頂ける様ご提案させて頂いております。

 

(佐藤)