Blogブログ

ホームオフィス・アウトドアリビング

<新型コロナ対策から考える快適な家づくりのヒント> その2
少しずつ世の中は動き始めましたが、全てを元通りの生活に戻すことはなかなか難しく、これから新しいライフスタイルの確立が求められて行くのだと思います。
先日、以前リフォームさせていただいたお客様のお宅を訪問する機会があり、自粛期間中の生活について、お話をお聞きすることが出来たのですが、
お客様から「家から出られない生活をしていましたが、家にいるのが楽しくて、出られない事に苦痛はなく、子供たちが『僕の家はなかなか良いよね?』って言っていたんですよ。」というお声や、「すっかり家に籠っている生活が快適で、出かけずまったりしているのが幸せでした。2階のルーフテラスで何度も家族で焼き肉をしました。」というお話をお聞きして、とても嬉しく思いました。
家が楽しいと毎日の生活が豊かになりますよね♪

そこで、前回に引き続き楽しく快適に暮らす家づくりのヒントをご紹介したいと思います。

<ワークスペース>
在宅ワークの定着や、オンライン授業の導入なども進み、家族でお住まいだと、ひとりひとりがそれぞれのワークスペースがあると、家族がいても仕事にも集中できて効率があがります。

趣味の部屋を兼ねた広々とした書斎

ギターを弾いたり、お仕事をしたり、自分のことに集中出来るスペースです。

ご夫婦それぞれのワークスペースをそれぞれの寝室に設けたプラン

ご夫婦それぞれがご自宅でお仕事をされているお客様のためのプランです。

開放することも出来るリビングに隣接したワークスペース

お二人住まいのキッチン横に作ったパソコンコーナー

シニア世代では、GWに集まれなかったご家族とオンライン帰省を体験された方も多いのではないでしょうか?このようなデスクスペースがリビング近くにあると、使いやすいと思います。

最近では、講習会もオンライン化が進み、自分が受けたいと思う講座を開催場所を気にせず参加できるようになりました。
遠くの友人や家族の数名でオンラインで話をしたりするのも日常的になって来ています。そんな時に気になるのは背景ですね。今はバーチャル背景もありますが、背景が自分のお気に入りの壁紙だったり、飾り棚があったりすると素敵ですよ。
「自分はこういう物が好きなんです」というちょっとした自己紹介にもなりますよね。

このようなレールと建具を使えば、今のリビングの一角を仕切って、書斎スペースを作ることも出来ます。

スガツネ工業ホームページへ 

<アウトドアリビング>

家に籠って外の風にあたらないでいるのは、意外とストレスがたまるものです。
そんな時、家の中でありながら外の空気を楽しめるスペースがあると全く違います。
アウトドアリビングとして、テーブルを出してお茶を飲んだり、食事をするだけでもとても気分転換になるスペースです。

リビングとインナーテラスに繋がる広々としたウッドデッキ

2階のルーフバルコニーにデッキタイルを敷き家族で楽しめるスペースに

リフォームした際に、洗濯ものを干すスペースとなっていたルーフバルコニーをデッキタイル敷きにすることで、家族でバーベキューや子供たちの遊び場として、家に居ながらにして外を楽しめる空間にしました。

使ったタイルはTOTOのバーセアという商品です。

TOTOホームページへ

毎日の生活を楽しく、豊かにするご提案をさせていただきますので、どうぞお問い合わせください。


<走出>