Blogブログ

ナチュラル素材の壁仕上げ

2018.07.13 - 施工事例

リフォーム中K様宅にて内装壁の仕上げ中。
天然壁紙の上に天然塗料で仕上げてゆきます

白とグレーの2色を使用しました

下地はドイツ製の”オガファーザー”という壁紙でウッドチップと再生紙でできています
・有害物質を含まない
・調湿、通気性が良い
・20年以上貼り替えの必要がない
・上から何度でも重ね塗りができる
などの特徴があります

凹凸の大きさは3種類あり、今回は中間の”ミックス”を採用いただきました

オガファーザーの上から”デュプロン”という天然の水性塗料で仕上げます
基本の色から顔料の量で濃さを調整することができます

デュブロンも天然チョークを主成分とした自然塗料で
下地の調質効果を妨げない透湿性と呼吸性があり
静電気が発生しないので汚れも付きにくいそうです
オガファーザーの上に塗ることで漆喰調の仕上がりになります

天然素材で仕上げたい、気軽に色を塗り替えたい
ビニールクロスで求めている色がないときなど
ご検討してみてはいかがでしょうか

(榎又)