Works実例紹介

視線の先にいつも家族のつながりを意識した空間づくり
シンプルなホワイト系と暖かみのあるタイル調サイディングとのコントラストが印象的
大容量の収納を設けてスッキリとした玄関
限られた空間を開放的に見せるオールインワンのユーティリティ
構造上抜けない柱を利用した飾り棚は、キッチンやリビング、階段からも見通せる安心デザイン
リビングで遊ぶ子どもの様子を見守れるキッチン
リビング階段を上がったホールは家事もできる多目的スペース
旅館の離れを思わせる静かで落ち着いた佇まいのゲストルーム
Before:建築基準法施行令改正により新耐震基準が導入される前に建てられた家
Before:採光はあっても暗い印象の玄関
Before:薄暗いリビング
Before:独立型のキッチン
リフォーム[一戸建て]S様邸
札幌市 中央区 夫婦2人・子ども1人 築31年

暮らしたい街で、住みたいわが家を

きっかけ・プランの特徴

社宅暮らしをしていたS様。希望して探していたエリアで見つけた築31年の中古住宅をフルリフォームすることに。老朽化が進んでいた建物の性能向上を重視し、「子育てのしやすい明るい家にしたい」というご希望でした。断熱性、気密性の向上と耐震改修を行い、オール電化のセントラルシステムへ変更。可能な限り壁や柱を取り、限られた空間を広く見せる工夫をし、構造上抜けない柱は見通しの良い飾り棚をつくり子どもスペースとして活用。明るくあたたかみのあるやわらかな色調で、いつでも視線が合い、会話ができる家族の絆を確かめあえるようなプランを提案しました。