SAWAI QualitySAWAIの住宅品質

住宅品質を支えるのが、工法や断熱・気密など性能です。また、保守・メンテナンス次第で、住まいの耐久性は大きく違ってきます。そのすべてにおいて、お客様に最適なかたちをご提案します。

最適な工法とは、建てたい家に合った工法

建築工法

木造軸組

木造軸組

SAWAI建築工房では、新住協(新木造住宅技術研究協議会)に加入し、「新在来木造構法」を採用しています。新在来木造構法とは、従来の在来工法の熱性能の問題点を改良したもので、昭和60年に発表されたものです。今日では、国土交通省の省エネルギー基準の基本工法に採用されています。木造在来工法は、設計の自由度が高いなどのメリットがあります。

新住協 北海道ブロック
ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、木造在来工法が軸組みなのに対して、壁と床の「面」で構成される構造です。パネルを組み合わせていく工法なので、均質化が図りやすく、工法そのものに高い気密性を備えています。構造壁に2×6材を採用し、さらに住宅性能を高めることもできます。


住宅性能

トータルにバランスを考えた
高性能を

SAWAI建築工房では、省エネ性と耐久住に優れた高断熱住宅を基本としています。そのレベルは全国でも最も厳しい北海道の次世代省エネルギー基準に適合し、さらにはそれ以上の水準も技術的には可能です。ただし、こうした断熱性の数値のみにこだわり、むやみにコストをかけることはお勧めしません。
断熱材や窓ガラスなどの断熱・気密性と、暖房計画、換気計画などの合理的な組み合わせによって、快適かつコストパフォーマンスに優れた高性能住宅をご提案します。


保守・メンテナンス

定期点検の安心も、
いつでも来てくれる安心も

保守・メンテナンスが、住まいの寿命を左右するといっても過言ではありません。屋根も外壁も住宅設備もモノである限り必ず経年変化は起こります。必要なタイミングで、迅速にメンテナンスすることで、お客様と共に、ロングライフな住まいを目指します。最初の定期点検は1年目ですが、ひと冬暖房を使ったタイミングであることが大事。冬の快適性と省エネ効果などもきちんと確認できるからです。さらに、住宅のカルテともいえる顧客管理を徹底し、お客様からご連絡いただいたら、お待たせすることなく、迅速に伺える体制をとっています。